株式会社伊藤鐵工所 ルーツブロワ

伊藤鐵工所の強み

トップページ > 伊藤鐵工所の強み > 伊藤鐵工所の歴史


伊藤鐵工所の歴史


元治元年(1864)に創業した伊藤鐵工所の歴史をご紹介します。




1864
元治元年
A4-151_03
創業
14_1864年_03

元治元年(1864)清水仲町にて、伊藤彦右衛門(天保11年生まれ)が農機具、船器具の鍛冶業として創業。屋号は「かじ彦」


1906
明治39年
A4-151_03

 石油発動機の製造開始
14_1906年

この石油発動機はその後、焼玉期間が開発される大正初期まで26台製造されました。


1924
大正13年
A4-151_03
無気噴油式16PSディーゼル機関製造
14_1924_09

大正13年(1924)伊藤徳太郎が新潟鐵工所(現在の新潟原動機)での勤務を終え、事業を継承。ディーゼル機関の開発に着手する。



1933
昭和8年
A4-151_03
現在地に移転完了
14_1933_1


昭和12年(1937)日本平から
14_1933_1_2
平成23年2月(2011)日本平から
(74年後)


1935
昭和10年
A4-155_03

ソ連通商代表部に120PSと300PSディーゼル機関を大量輸出


1944
昭和19年
A4-155_03
株式会社に組織変更


1954
昭和29年
A4-155_03
住友商事株式会社と業務提携


1955
昭和30年
A4-155_03
 
4サイクル低速直結型ディーゼル機関 (20


1959
昭和34年
A4-155_03
 
 回転式ブロワ製造開始


1972
昭和47年
A4-155_03  プロパンガス容器自動生成ライン製造


1973
昭和48年
A4-155_03

M55HUS型機関は出力アップ改良後、世界最大出力機関となる。(船用4サイクル主機関)
14_1973



1975
昭和50年
A4-155_03
 
 低騒音ブロワIRS型開発


1992
平成4年
A4-155_03 
大型ケーシング加工機、NC横中ぐり盤を導入、据え付
14_1992
3台の真空ポンプを1台に内蔵化した構造
でロータ内を水冷循環冷却し各連絡管も
ジャケット構造とし、インタクーラ、ア
フタクーラを不要とした。エンジンから
技術を一部応用した製品でもある。前年
の開発からさらに高度化をめざし完成し
たもの。


1993
平成5年
A4-155_03 世界初の大型三段一体形真空ポンプ発表


1997
平成9年
A4-155_03 タイ合弁会社 S I E 設立


2001
平成13年
A4-155_03 S I E新工場落成


2002
平成14年
A4-155_03
I S O 9 0 0 1 登録


2003
平成15年
A4-155_03 高圧対応J型ブロワの販売開始


2005
平成17年
A4-155_03 高剛性ブロワ I  R T 型の販売開始


2006
平成18年

A4-155_03 東京支店 千葉サービスセンター設立


2008
平成20年

A4-155_03 第2機械工場増築、機械設備増強


2010
平成22年

A4-155_03 小型高速ブロワ I R H 型の販売開始


2011
平成23年
A4-155_03
第4機械工場新設、超大型ロータ加工機導入


2012
平成24年

A4-155_03
 
超大型真空ポンプ I R Vー9・I R Vー7型を開発
14_2012_27
当社最大の大型ブロワ新型95シリーズを開発、完成(IRV-9型)

2014
平成26年

A4-155_03
 
 創立150周年記念行事を開催
 A4-154_03  


14_2014ぼかし


ページの先頭に戻る